医療機関で診察を受ける際の待ち時間についての悩み

私の父は現在82歳になります。 現在持病を抱えていて週1回の通院をしてその病状について色々見て頂いています。 体も思うように動かなくなってきて、長時間座っていることがままならないほど 腰の調子が悪い父ですが、その父がいつもこぼしているのが病院での受診までの 待ち時間が長くてその間に体調を崩してしまったり、腰が痛くなってしまって 家に帰ってきてから寝込んでしまったりすることに関する不満です。

予約制で、一応時間予約をとって出かけるのですが、 それでも大きな病院なので1時間や1時間待ちは当たり前。 更に会計でも30分以上は待つそうで、 調子が悪くて行った病院なのに逆に更に調子を悪くしてしまう有様です。

勿論、皆おなじ状況で待って受診されているのですからと言われれば それまでの話なのですが、いつも思うのですが 本当に調子の悪い時は病院に行って受診などできないなと思います。

実は先月は父が手術することになり、その前の検査ということで 病院に行ったのですが、昼食もとれず長い時間待たされて心身ともに疲れた状態からの検査で 検査結果が悪く出てしまい、再検査となってしまいました。 正直、こんな時くらいなにか手段があるのではと腹立たしく思いました。

病院は混んでいるから待つのが当然というシステムが 予約制というシステムでいくらか和らぐかと思われたものの さほど変わらない様子に、いらだちを覚えます。 もっと患者に対して利用しやすいスケジュール管理はできないものかと思う所です。